歴代看板犬の紹介

お電話でのご予約・お問い合わせ
メールでのお問い合わせ

パディントンハウスの看板犬たち ~いつも一緒、私たちの大切な家族です~

田舎暮らしに憧れて、1984年12月にオープンした当館も、おかげさまで2019年には35周年を迎えることができました。

我が家の犬がいつも一緒にいたことで、愛犬と一緒にお泊りのお客様が少しずつ増え、ペットと一緒に泊まれる温泉宿になりました。

お客様に愛されてきた看板犬をご紹介いたします

看板犬 権八 リン
私は4代目です♪
私は5代目です♪

歴代看板犬のご紹介

初代看板犬“クリ”

初代看板犬は、雑種・雌の「クリ」です。
パディントンハウスが開業した翌年、私たちの家族になりました。

「クリ」は、埼玉の実家付近で迷子になっていました。
すぐに獣医さんに診察して頂き、3歳くらいとわかりました。

頑固ものでしたが、とても心優しい賢い子でした。
どこへ行くのも一緒で、21歳まで長生きしました。

「クリ」はパディントンハウスの第1号看板犬として18年間がんばりました。
「クリ」のおかげで、パディントンハウスは「愛犬と泊まれる宿」になりました。

初代看板犬“クリ”
初代ワンワン露天風呂♪

2代目看板犬“太郎丸”

2代目看板犬は、シェルティー・雄の「太郎丸」です。
大雪の1996年2月に、生後7か月で家族になりました。

お客様、そしてワンちゃん仲間にとても人気がありました。
友好的な優しい性格で、誰とでもとても仲良く遊びました。

「太郎丸」も16歳まで長生き、大往生でした。
可愛い家族でした。

2代目看板犬“太郎丸”
2代目看板犬“太郎丸”
3匹はいつも一緒!

3代目看板犬“リノ”

3代目看板犬は、ケアンテリア・雌の「リノ」です。
テリア好きの私たちに初めてテリアが来ました。
「リノ」の名前は、ハワイ語で“きらきら光り輝く”です。

2002年7月からパディントンの社員になってから16年間
 リーダー犬となってよく働き、楽しませてくれました。
2018年3月19日に天国へ逝きました。

3代目看板犬“リノ”

4代目看板犬“権八”

4代目看板犬は、ケアンテリア・雄の「権八」です。愛称は“ゴン”。
2005年4月に社員になりました。

幼いころから体が大きく心の優しい子でした。先輩の“リノ”の右腕となり
1歳の頃からは、お客様のチェックインの時間になるとフロント前でお客様をお待ちし始め、お客様が駐車場へ到着するとお迎えしてフロントで歓迎していました。
チェックアウトの際は、お礼とお見送りをして居りました。
2017年5月に左前脚に悪性腫瘍が出来て、断脚3本脚で不自由になりましたがマイペースに仕事をして居りました。
それから2年半、最後までがんばって仕事をしてくれました。本当の番頭犬でした。
2020年2月29日に天国へ逝きました。15歳でした。

4代目看板犬“権八

5代目看板犬“リン”

5代目看板犬は、ヨークシャーテリア・雄の「麟太郎」です。愛称は“リン”。
2016年7月 保護犬だったところを里親として引き取りました。
“リノ”と“ゴン”の指導を受けて5代目の看板犬になりました。

まだまだ、“ゴン”のような番頭犬ではありませんが一生懸命に皆様を
お迎へいたしますので、これからもよろしくお願いいたします。

5代目看板犬“リン”
お得な宿泊プラン
お電話でのご予約・お問い合わせ
メールでのお問い合わせ